廣田神社タイトルロゴ

廣田神社神社たより

廣田神社「つつじ祭り」のご案内

2018年3月29日

4月8日(日) 午前10時より 廣田神社境内にて
「つつじ祭」開催のご案内

平成29年度つつじ祭チラシ

今年は初めてつつじ祭に合わせて稚児行列を行います。
ご家族ご友人お誘い合わせの上、どうぞご来社ください。


【 つつじ祭スケジュール 】

( 雨天の場合は拝殿で行います )

10:00~ 本殿祭
11:00~ 中国琵琶演奏(エンキ)
舞楽『迦陵頻』
演武『天道流薙刀術』
14:00~ 稚児行列
10時〜15時 ひろたのいちイロドリ同時開催

※ 当日は、つつじ祭斎行のため、御祈祷受付は受け付けておりません。ご了承下さい。

当日のイベントのご紹介
舞楽『迦陵頻について』
「迦陵頻(かりょうびん)」の演目名は極楽浄土に住むという人面鳥身で美声を持つ霊鳥迦陵頻伽に由来しています。
つつじ祭り当日は小学校高学年の女の子達が華麗な衣装を身にまとい舞います。
練習に参加している女の子達に話を聞いたところ・・・
「練習していることの全てが楽しい」
「見せ場は最初の一人一人が登場するところです」
「ぜひ来てもらいたい」
「皆さんに見てもらいたい」
などとすごく楽しそうに話してくれました。
迦陵頻

天道流薙刀術について
天道流薙刀術の浦部育子先生と演武を披露する子ども達に話を伺いました。 演武の見どころは・・・ 【衣装である白の胴着と紺の袴のコントラストがかっこいい】 【キリッとした動き】 【日本の伝統文化を感じられるところ】 子ども達の基本を少し、しかけ応じを披露していただきます。 浦部育子先生プロフィール 高校1年よりクラブ活動で薙刀と出会う。 神戸松蔭女子学院大学に進学、1年生で薙刀のクラブを創部。卒業してから大学の職員となり、クラブの指導をコーチ兼監督として行う。今年薙刀を指導し始めてから50周年の節目の年を迎える。途中、大学の学舎が垂水から六甲に移転。強化クラブに指定された頃からクラブは強くなり、全国大会団体の部10回優勝(うち9回は監督として)、個人戦4回優勝、しかけ応じ7回優勝。 天道流とは 天道流は、およそ450年前、江戸の武芸家たちが修練し、僧侶・医師の武器として普及したものです。
天道流薙刀術浦部育子先生と道場生



「つつじ御守」「つつじ御朱印」のお知らせ
コバノミツバツツジの開花を寿ぎ、開花時期限定の「つつじ御守」「つつじ御朱印」を授与致します。
○授与所にてつつじ御朱印 つつじ御守
○3/20 ~ 4/16 まで



昨年度つつじ祭の様子 皆様のお越しをお待ちしております

皆様のお越しをお待ちしております。



 ▲ページトップに戻る