廣田神社タイトルロゴ

廣田神社神社たより

廣田神社 城山虎舞奉納

 2017年3月24日

城山虎舞


本年度初めての開催となる、岩手県沿岸部に伝わる郷土芸能『 城山虎舞 』の奉納が、

代々受継れてきた大切な衣装、太鼓、道具類

代々受継れてきた大切な衣装、太鼓、道具類

3月19日(日)大安の良き日に、おかげさまで無事斎行されました。

宮司祝詞奏上後、本殿にて「虎舞」奉納!

宮司祝詞奏上後、本殿にて「虎舞」奉納!

大変良い天候に恵まれ、春の到来を告げるようなあたたかく爽やかな気候の中、

代表より、廣田大御神に復興への玉串拝礼

代表より、廣田大御神に復興への玉串拝礼

多くの参拝者様がお越しになられました。

天照大神様の御加護を御祈念申し上げます

天照大神様の御加護を御祈念申し上げます

震災復興を祈念する、宮司の祝詞奏上後、天照大御神様の御神前にて、

午前10時拝殿前 沢山の方々

午前10時拝殿前 沢山の方々

1996年に岩手県大槌町の若者により結成され、今日まで受け継がれてきている、見事な演舞が奉納されました。

ご支援の下、今日の参拝、公演が実現されました

ご支援の下、今日の参拝、公演が実現されました

【虎舞】は、「 虎は千里行って千里帰る 」ということわざによっても語られる虎の習性にちなみ、漁民の航海安全を祈願するものです。

一ノ鳥居すぐツツジの群落

感謝の想いを込め・・力いっぱい、見事な演舞!

二人一組で「遊び虎」「跳ね虎」「笹ばみ」の3部構成により、

素早く入れ替わり、二匹の虎に魂が宿ります

素早く入れ替わり、二匹の虎に魂が宿ります

笛太鼓や手びら金、威勢よい掛け声と共に、虎の様々な表情を伝えてくれます。

「遊び虎」が観客のすぐ近くまで迫り

「遊び虎」が観客のすぐ近くまで迫り

虎の魅力をたっぷり感じることが出来る、素晴らしい踊りに会場から拍手と歓声が送られました。

「跳ね虎」では飛び上がったりしゃがんだり

「跳ね虎」では飛び上がったりしゃがんだり

東日本大震災で、メンバーの多くが被害を受け、厳しい状況の中、各種ご支援により少しずつ活動を再開することができたと言う『 城山虎舞 』。

「笹ばみ」は、荒々しい虎の力強さを表現!

「笹ばみ」は、荒々しい虎の力強さを表現!

公演前には代表より、「まだ復興途中ではありますが、この場で上演できることに感謝し、これまでの想い・祈りを込め、またこれからの未来に向け、

最後に 息のあった素晴らしい踊り最後に 息のあった素晴らしい踊り


虎といえば関西!の皆様のお力添えをいただきながら「虎舞」を育てていければ・・。

「とーらっ!とーらっ!」思わず夢中で手拍子

「とーらっ!とーらっ!」思わず夢中で手拍子

今後も仲間とともに、必ず復興できると信じ歩んでいきたい。」と挨拶がございました。

「迫力あったすごい!」の声と笑顔 参拝の方々

「迫力あったすごい!」の声と笑顔 参拝の方々


未曾有の震災を超えて力強く舞う大槌タイガーズの鼓舞を受け、28日の阪神タイガース必勝隆盛祈願祭では、皆様の御健勝とご多幸を御祈念いたします。

本当にお疲れ様でした!有難うございました!!

本当にお疲れ様でした!有難うございました!!




 ▲ページトップに戻る