廣田神社タイトルロゴ

廣田神社神前結婚式

神前結婚式のご案内(廣田神社)

■廣田神社の神前結婚式

廣田神社は紀元201年御創祀の古社で、平安時代には朝廷より22社に定められ、明治4年には全国17万社以上あった神社の中から兵庫県内で唯一、 最高位である官幣大社(当時全国で29社)に列せられた悠久の歴史ある神社です。

御本殿には八百万の神々の中で最高至貴とされる天照大御神の荒御魂を御祀りしています。廣田大御神は、勝運合格、開運隆盛、子授安産、文学歌謡、厄災消除、 交通安全、立身出世、罪障祓滅、先導開拓に大いに霊験あらたかなことなどが古文書・古記録に多々記されています。廣田神社の神前結婚式は、本殿にて行います。


廣田神社 式次第

廣田神社結婚式式次第

赤線の部分がお二人に行って頂くものです。
ご希望の方は婚姻届署名も行って頂けます。
事前にお申し付け下さい。



西井宮司笙を演奏

宮司笙を演奏


   廣田神社 神前結婚式プラン
     ( 指定業者HP )

  • お支度・待合室に駐車場からすぐ近くの参集殿をご利用いただけます。
  • 指定店のカメラマンのみ、本殿内での写真撮影をすることができます。


    • 修祓(しゅばつ)…祭儀を行う前にお祓いを受けます。神職が祓詞(はらえことば)を奏上し、大麻(おおぬさ)で新郎新婦及び参列者全員のお祓いを行います。この間、全員起立し、頭を下げます。
    • 献饌(けんせん)…神職が神前に神饌(お供え物の海や山の幸)を奉ります。この場合、あらかじめ神饌を供えておき、御神酒を盛った瓶子(へいし)の蓋(ふた)をとって、献饌に代える場合もあります。
    • 祝詞奏上(のりとそうじょう)…斎主が祝詞を奏上し、結婚のことを申し上げ、末永い幸福を祈ります。この間、全員起立し、頭を下げます。
    • 夫婦盃(三献の儀)…神前に供えた御神酒で、新郎新婦が巫女の介添えによって三三九度の盃をくみ交わします。
    • 指輪交換…結婚指輪の交換を致します。
    • 玉串拝礼…新郎新婦が神前に進み、感謝と祈りを込めて玉串(神前にお供えする榊の枝)を奉り、二拝二拍手一拝の作法で神前を拝礼します。
    • 撤饌…神職が神饌を下げます。
    • 神酒拝戴(親族盃の儀)…両家の親族一同が御神酒をいただき、、親族のかための儀を行います。


       結婚式料・その他のお知らせ

      神前結婚式料…50,000円よりお志










    土日祝は午前10時、又は午後2時の時間帯となります。平日をご希望の際は一度ご相談ください。祭典行事により、お受けできない日時もございます。
    ご両家親族、友人等も神前結婚式にご参列いただけます。
    必要があれば貸衣裳店・着付け美容室・写真館等指定業者をご紹介させていただきます。
    参列者の待機場所はありますが、披露宴会場などの施設はありません。
    着付けの場所の使用は指定業者のみに限らせて頂きます。
    日時等、詳しくは廣田神社社務所までご連絡ください。
    拝殿前にて記念の集合写真撮影

    撮影:辰写真館


     ▲ページトップに戻る